買い物がめんどくさいと感じたら…乗り切る方法はコレ>>>

【ズボラ貯蓄】手取り21万でも年間100万貯金するワザを大公開!

年間100万円を貯金する 節約&貯蓄

小さいころから、預金通帳を見るのが大好きだった私。
毎月のお小遣いは、だいたい使い切ってましたが、お年玉などは貯金することがほとんどでした。

就職してからはとにかく一人暮らしをしたくて、計画的貯蓄を開始!その結果、毎年100万ずつ貯蓄することができました。
月々手取り21万でも、一人暮らしを始めても、毎年100万ずつ貯蓄することができた方法を大公開します!

スポンサーリンク

収入の内訳

まずは収入の内訳です。給料とボーナスは手取りの金額で、端数はすべて省略しています。

給料(毎月)
210,000
固定費家賃78,000
光熱費7,000
携帯代7,000
通信費3,000
変動費食費16,000
昼食代10,000
交際費30,000
日用品3,000
そのほか6,000
貯金50,000
ボーナス(年2回)300,000
旅行or自分へのご褒美など100,000
貯金200,000

毎月の給料から5万ずつ、ボーナスから20万ずつで、合計100万円が年間貯蓄額です。
この内訳通りに生活する貯めワザを4つご紹介します。

貯めワザ1:ゆる~い項目管理を行う

私は、とってもズボラなので、基本はどんぶり勘定です。

なので、上記の支出項目と金額はだいたいそのぐらい使っている、という感じです。
光熱費や携帯代、通信費などの固定費は銀行口座やカードから直接引き落としがされるので、それ以外の変動費が毎月65,000円以内に収まればいい、とゆるやかな管理なので月ごとに偏りがありました。

ざっくりと、だいたい毎週の食費や雑費で1万円程度使い、残りで洋服買ったり飲みに行ったり…という感じです。

各項目ごと封筒を用意して管理したこともありますが、筋金入りのズボラな私は3日でギブアップでした。

貯めワザ2:お金の使い道を決める

お金の使い道をしっかり決めることも重要です。
私は、毎月の収入を日々の生活に充て、ボーナスは自分へのご褒美や1年に1度のお楽しみなどのために使うと決めていました。
なのでボーナスは、主に旅行や欲しかったものを買う費用に使っていました。

使い道をしっかり分けておくと、メリハリがつくので、節約している意識も薄れ、楽しめます。

貯めワザ3:マイルールを作る

私は、友達とご飯食べに行ったり、仕事終わりに一杯飲みに行ったりが大好きです。
なので友人から誘われたり、残業後に軽く一杯飲みに行ったり…ということもしょっちゅう。
でも、これは「必要経費」と考え、可能な範囲内でやりくりするようにしていました。

かわりに、1人の時は出来るだけ自炊し、週の半分はお弁当を持参、会社にインスタントコーヒーを常備していました。
私は、毎朝のコーヒー代や昼食代を削ってでも飲みに行きたかったので(笑)。
自炊は、らでぃっしゅぼーやのお任せ野菜ボックス「ぱれっと」を頼んでいました。

仕事で疲れて帰ってくることが多く、ごはんづくりがめんどくさく感じた時はOisixのキットを頼んでました。キットオイシックスは1袋が2人分なので、余った分は翌日のお弁当に。

自分の中で譲れるものと譲れないものの線引きができれば、それに沿った貯蓄ができるようになります。

貯めワザ4:収入と支出の口座を分ける

私が貯蓄する際の最大のキモが、4つ目の貯めワザ「収入と支出の口座を分ける」です。

まずは、別々の金融機関2カ所に口座を用意します。
片方をお金が入ってくる口座=貯蓄用の口座とし、もう片方をカードや引き落としなど支払い用の口座=普段使いの口座とします。
そして、給料日が過ぎたころ、毎月1回だけ、一定額を支払い用の口座にお金を移動させます
この毎月1回以外は貯蓄用口座に一切触らないので、毎月一定額を貯金することができます。

貯蓄用口座に触るのは月に1回だけ!それ以外は絶対触ってはいけません!

貯めワザ5:収入の端数はチリツモ貯金する

だいたいの場合、給料やボーナスって、●万円ぴったり、というわけではなく、1万円未満の端数がありますよね。
私は、この端数は「見なかったこと」にして、すべて貯蓄用口座に残したままにしています。
これがチリツモ貯金で、1年たつと意外と大きな額に成長しています。

ちなみに残業代も全てチリツモ貯金行きです。
残業が多かった月は貯金も増えるよ~♪

急な入用に備えて

冠婚葬祭など急な入用の場合、その頻度などにもよりますが、基本は「普段使いの口座」に残っているお金を使うようにしていました。
「普段使いの口座」も毎月0円になるまで使い切るわけではないので、残ったものはそのままその口座に残しておけば、急な出費に対応することができます。

どうしても足りない時だけ、「貯蓄用口座」から拝借しますが、その時は次の給料かボーナス時に自由に使えるお金を減らすことにして、年間の貯蓄額は減額しないようにしました。

年間100万を死守するために、どこかで帳尻を合わせるようにしましょう。

まとめ

年間に100万円貯蓄するためには、ある程度計画的に行う必要があります。
ですが、どんぶり勘定の私でも、手取り21万で1年間に100万円貯蓄できました!

THEズボラ人間でもなんとか貯金できるものです。

  • ゆる~い項目管理を行う
  • お金の使い道を決める
  • マイルールを作る
  • 収入と支出の口座を分ける
  • 収入の端数はチリツモ貯金する

一人暮らしなのか家族で住んでいるのか、家賃やローンの有無などによって、可能な貯蓄額は大きく変わってきますが、ぜひご参考ください。

この記事を書いた人
みあ

3歳と0歳、2人の男の子を育てるアラフォーワーママです。
ほぼワンオペの2人育児は毎日ぐったり。「節約しつつ手抜きする!」をテーマに、できるだけラクチンに育児する方法や手抜き家事をブログで紹介中。
夢は、息子に「おかえり」を言えるよう、小学校に行くまでに在宅ワークメインに切り替えることです。

みあをフォローする
節約&貯蓄
スポンサーリンク
みあをフォローする
ゆるりずむ

コメント

カテゴリー