無事出産しました!

妊娠中のこと

こんにちは、みあです。

無事、2018年12月中旬、次男坊を出産しました。
本陣痛からは3時間弱ととっても安産でしたが、やっぱり痛いししんどかったです。
医学が進歩しているんだから、出産の痛みを軽減できる薬が一般的に流通してほしい!と改めて思いました。

実は、長男出産時は無痛分娩を選択しました。
妊娠がわかったタイミングから、出産に対して恐怖心しか感じず、
痛みを取り除けるなら、と迷わず選択しました。

出産後の検診で主治医からは、
「あなたの場合、無痛分娩を選択しておいてよかったですね。」と言われました。
というのも、私は身長153cmと小柄にもかかわらず、長男は3700g超のビッグベビーだったので、
普通に産んだら、母体が耐えられなかったかもとのことでした。
事実、会陰は切開された上に、裂傷してしまったので、
縫合が多く、産後のシモの痛みがかなり長い間続いてました。

そのため二人目の妊娠が発覚した時も、無痛分娩を選択できる病院を探しました。
ただ、次男は推定体重がほぼ標準だったことと、
今回通った病院は無痛分娩を推進していないことから、結局普通分娩で出産することにしました。
産まれた次男は3400gと、標準よりは大きい赤ちゃんでしたが、
陣痛開始から3時間弱と『安産』での出産となりました。
(安産といっても私は言葉では表せないほどの痛みと苦しみでしたが…)

出産するまでは、二人目育児をやっていける気が全くしなく、
「二人目を愛せなかったらどうしよう」と、
後ろ向きな気持ちばかりあふれていましたが、
実際に出産した瞬間に、次男を見て「かわいい」と素直に思えてよかった、と安堵しました。

まだまだ二人目育児が始まったばかりですが、
少しずつ楽しんでいけたらな、と思います。

この記事を書いた人
みあ

2015年12月♂&2018年12月生♂のほぼワンオペワーママ。
2回目の育休に入ったことをきっかけに、子育て雑記ブログ「ゆるりずむ・ママlife」を開始しました。
スイーツとパン、お酒(特にビール)が大好きなアラフォーが、子育てや食材宅配について、お金について徒然語ります。
ライター業も受け付けていますので、ご用命の際はお問い合わせください。

みあをフォローする
妊娠中のこと妊娠&子育て
スポンサーリンク
みあをフォローする
ゆるりずむ・ママlife

コメント